施工手順

施工方法

まず、レッグハンマー等で既存構造物を内空側から削孔します。その孔口にグラウト貯留槽を設置し、その内部と孔内にセメント系のグラウト材を注入、充填します。そして、グラウト材で満たされた孔内へセラミックキャップバー(CCb)を挿入し、孔口を養生用の蓋で閉めます。孔内に充填されたグラウト材が硬化することにより、セラミックキャップバー(CCb)と既設構造物が一体化します。グラウト貯留槽を用いた施工により、グラウト材の充填が確実に実施できることが、施工試験により確認されています。

ページTOPへ